住宅の壁を綺麗に塗ろう

塗装

壁の状態を改善する工夫

住宅の外壁は日光や風雨に晒されることから劣化しやすく、塗装面が剥がれると露出した建材が傷んでしまいます。特に札幌を含む北海道一帯は一年を通して寒暖の差が激しく、塗装面の劣化が進みやすいので注意が必要です。住宅の壁を塗り直す場合、立地環境を考慮して塗料や施工方法を選ぶことが重要になります。札幌は北海道の中でも平地が多い地域ですが、周囲を山に囲まれた盆地なので気温差が激しい気候になります。塗装に用いる塗料は遮熱性が高く、外部からの刺激に強い成分を含んだ物を選ぶのが無難です。また、塗装作業についても塗りムラの無い、丁寧な仕上がりにする必要があるので優良な専門業者に依頼することを心がけます。住宅の外壁塗装に使う塗料は極端な気温変化に弱い製品もあるので、札幌などの寒冷地では低温に強い製品を選ぶのが綺麗な仕上がりを長く保つ秘訣です。札幌など都市部の環境は郊外と比べて気温が高くなりやすく、冬季でも極端に低温化することは少ない特徴があります。住宅の塗装作業も地域の環境を踏まえて施工方法を選ぶことが大切なので、地元で長く営業している業者を選ぶことで満足出来る仕上がりが期待できます。自分で壁の塗り直しを行う場合は塗りムラが出来ないように事前の掃除や修理を必ず行います。わずかでもムラが出来ると見栄えが悪くなり、すぐに塗装面が剥がれてしまいます。壁の傷みも進んでしまうので予め修理を済ませてから塗り直すのが状態の良さを保つ工夫です。

Copyright© 2018 外壁塗装で住まいを守ろう【地域の特徴と塗料の性能について考える】 All Rights Reserved.